運命の彼女との出会い


ハッピーメール会員になって、
何人かと友達にはなれたのですが、
リアルで会うと、「思っていた感じと何か違う」
6人ほど外れが続いていました。

勢いでホテルにお泊りとか、有りましたが、
やたらと、デートに誘ってくる・・・
何か、しつこいと冷めちゃって、
数回お相手はしたけど、
やっぱり、違うって思って、
だらだら付き合っていた彼女、

ある日を境に連絡来なくなって、自然消滅

心の中にちょっと寂しいって思ってる自分がいました。

でも、それはそれで、いいひと出来たんだろうな~って
彼女の幸せが一番だって思っていました。

ぽっかり空いた穴、ハッピーメールは埋めてくれます。
気になる年齢層の近くの方を探索、
なんとなく気になってコメント、

からかうのが楽しい彼女、
会ってお話したら楽しいだろうな~なんて思える方でした。

待ち合わせの場所に、ちょっと遅れてしまった私、

雪がちらちら降ってました。

「もう彼女は帰ってしまったよな~」なんて思いながら・・

待ち合わせの場所に車を走らせました。

雪の中彼女はまってた、

「ごめん」
あやまりまくっていた私

手を触ると冷え切ってる

震えてる・・・助手席に乗せて

エアコンの温度をマックスに

暖かいモノが飲めるお店を探していたのですが、

時間が・・・

地元だからファミレスだと目立っちゃう

ちょっと離れてるコンビニに車を止めて、

暖かい飲み物を買いに、

彼女に渡して、

まだ、遅れた事を誤ってる自分がいました。

そんな私を見て、彼女はクスって笑ってくれたのを覚えています。


その笑った顔が目に焼き付いて

「この人を一生大切にしたい」って気持ちに変わってしまったんです。

私の、ひとめぼれ、


良く笑う彼女、

からかうと怒るし、

ケンカもしました、

でも、いつの間にか一緒に暮らす事になって、

今では、結婚して、一緒に暮らしています。

運命の人は、突然現れるのですね。

それも、初対面の人を雪の中で待たせるなんて・・・

普通なら、怒って帰ってるはずなのに、

これが運命なんですね。

ハッピーメールバナー





コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。